スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

猫の白癬(皮膚糸状菌症)

illust4282_thumb.gif

※症状と原因~白癬(皮膚糸状菌症)

白癬菌の感染すると猫はその部位の毛が抜けて皮膚が露出し、その上に細かい糠状のかさぶたなどが付着してきます。
猫のあちこちが円形に脱出し徐々に大きくなっていきます。
白癬菌が寄生していますから感染の源となります。

痒みはさほど無いようですが、赤くなったり炎症を起こしたりします。
猫が感染する原因のほとんどは犬小胞子菌になります。
伝染力が強いので多頭飼いをしている場合は注意が必要でしょう。
早期に発見できると塗り薬で済むこともありますが、
ひどくなると長期間の投薬が必要になります。

image1.jpg

※対策・治療方法~白癬(皮膚糸状菌症)

ネコ用の薬浴剤を使用して定期的に身体を洗ってあげます。
白癬(皮膚糸状菌症)は人にも伝染するので特に肌のデリケートな小児や女性は
気をつけてください。

この病気は病変部を少し引っ掻いて顕微鏡で見たり、特殊な光を当てると蛍光を発することなどで診断がつきます。
飲み薬や薬用シャンプーなどで治療しますが、なかなか完治しづらく、数ヶ月かかることもあります。

illust1537_thumb.gif


【参考文献:猫の病気について、他】



ペットの味方うんきん’Z


「留守中の様子はどんな感じだったのかしら?」
ドヨォォ─(lll-ω-)─ォォン
とっても心配ですよね…
でもご安心を!


ペットの味方うんきん’Zではシッター後、必ず日誌を作成し、
当日のご様子をオーナー様にご報告致します。
もちろんE-mailでも写真つきでご報告致します。



その他、気になることはこちらで解決!


unkinkun S size


ブログを読んでくれている皆様へ

「読んだよ!」の合図で【いいね!】【ツイート】【拍手】をポチッとしてくれると
励みになります。よろしくお願いします♪

image4205.gif

全国ペットショップ紹介

Dog Life Navi
スポンサーサイト

アトピー性皮膚炎について

illust4282_thumb.gif


※アトピーってどんな病気??
image.jpg

アレルゲンに触れると皮膚が炎症を起こす

アレルゲンに対し、遺伝的に
アレルギー反応をおこしやすい傾向がある(アトピー要因)犬が発症しやすいです。
生後6ヶ月から3歳くらいの若い犬が発症しやすく、激しいかゆみや皮膚の赤み、
発疹などの症状が脇の下や内股、大腿部、前足や耳介(耳のふちあたり)などにあらわれます。


atopy.jpg


※原因

最近はイエダニが原因のケースが多い

イエダニや花粉、ハウスダストなど原因が複数あります。
とくに密閉した家屋はイエダニが発生しやすく、完全室内飼いが主流の昨今は
イエダニが原因でアルケースも多いようです。


※治療方法

皮膚のバリアの強化や投薬治療を行う

かゆみや炎症を抑える、投薬治療が中心。また外部の刺激から皮膚を守る「セラミド」を補うことで皮膚のバリア形成を促し、アレルゲンの侵入や症状の悪化を防ぎます。



【参考文献:犬の病気、他】





ペットの味方 うんきん’Z

※ペットシッターうんきん'Zの流れ※

TEL・FAX・E-mailにてご依頼をお受けします。
         ↓
事前にお打ち合わせを致しまして、お客様のご希望のお世話内容をお聞きします。
ペットのことを詳しくお聞きすることで、シッター当日
いつもと変わらないお世話をさせていただきます。
うんきん'Zではお客様のご希望に合わせてシッター内容を
カスタマイズすることができます。
         ↓
   鍵のお預かり・最終確認
         ↓
      シッター当日

ペットシッターに関するお問い合わせは今すぐ!
こちらへアクセス!!


unkinkun+superman 1

ブログを読んでくれた皆様へ
「読んだよ!」の合図で【拍手】【いいね!】【ツイート】をポチッとしてくれると
励みになります
image4205.gif
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。