スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

いまは亡き ごまちゃんの思い出・・・ネコにゃんも好き

もうすぐお盆ですね?

もうわたしの大親友だった愛猫 ごまちゃんがその壮絶だった人生の幕をおろして7年だから8年になります。

わたしがまだ21歳くらいのシアトルで元気果敢な学生だったときに出会った生まれてはじめて自分と一緒に
暮らしたお猫さん

はじめて会ったときのこと 今もちゃーんと覚えています。

当時、アメリカ留学を終えてJALデス(死語)に合格したんで日本へ帰国する子のところでその子が飼ってた
ネコさんご夫婦の間に3匹生まれた子供のひとりで紅一点。けど、JALデスな飼い主さんが親猫さんとお子1匹しか
持って帰れなくてわたしにもらってほしいって相談あって、ややこしいんでとりあえず2匹一緒にもらったの。
それがね ごまちゃんとの出会いだった。

ごまちゃんと一緒にもらってきた子はオスでその名を”ポチ”でしたが、とってもかわいい性格で猫というより犬と思える性格だった けど 尿道炎だと思われる病で突然死してしまった。たったの2歳だった。

その後、わたしはごまちゃんと日本へ帰国。
アメリカで育った正真正銘本物の”米国人”のごまちゃんにとって日本への旅は永遠に故郷へは戻れぬ
『移民』の旅になった。ごまちゃんは、飛行機で最後のアメリカ人同士の会話をどでかいポインターとして
成田空港に降り立った。。。あのときのごまちゃんの姿を忘れることなんかできない。

そしてその後、ごまちゃんは日本語(茨城弁)を覚え日本のじーちゃんばーちゃんを癒し続けた。
ごまちゃんの趣味は、衛星放送で”CNNニュース”をみることだった。毎日、じーっとテレビに向かっていた後姿。。。キャスターの英語をちゃーんと聞いていたのだと思う。遠い故郷を思い出していたんだろうな

ごまちゃんは、いくとこ出るとこでほんとうに人気者だった。
みんなを魅了した。優雅でおっとりとしていた穏やかでそして絶世の美女だった。。。

わたしはごまちゃんの生前、ごまちゃんはただのアメリカの雑種のねこだとおもって疑いもしなかったけど
亡くなってから1年たってネットサーフィンしていたとき、、メインクーンという猫の飼い主さんのページに
行き着いたとき、びっくりして腰が抜けそうになった。

ごまちゃんがメインクーンというアメリカ原産のねこちゃんだったこと
そして、ごまちゃんが逝ってしまったことを悲しむわたしをそんな再登場で励ましてくれたこと

ありがとうね ごまちゃん

ごまちゃんは、その人生で2つの国と2つの言語の達人になって 12年生きてくれました。
そして最後は、すい臓がんと壮絶に戦い、現在も実母のところにいるパグたちが家にきて落ち着く様子を
見守るように虹の橋を渡ってゆきました。

わたしと一緒にアメリカで青春時代をすごし慣れない日本の暮らしの中でもポジティブに自分の役割を見つけ
しっかりといつも自分らしさをわすれず存在感を維持したスーパーウーマンでわたしの理解者でした。

今でもいろいろなところでごまちゃんの生きざまを思い返し学ぶことが多い

心から感謝しています。

ごまちゃんの写真はデジタル画像ではもっていません
なのでごまちゃんの写真ではないけど・・・・ メインクーンという猫の写真を最後にお見せしますね

またごまちゃんのようなメインクーンに出会いたいなって思います。
シッターのお仕事を通してまたメインクーンもお世話したいな

                  メインくーん


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://unkinz.blog.fc2.com/tb.php/17-1da91d00


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。