スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

猫の伝染性腸炎(ネコ汎白血球減少症)

illust4284_thumb.gif


※症状と原因~伝染性腸炎(ネコ汎白血球減少症)

軽度の場合は軽い吐き気や下痢などの症状で済みますが、重度の場合は発熱や
激しい嘔吐、血液が混じった下痢をします。
このような場合、ネコは水分をとることができないために急な脱水症状に陥ります。

病原ウィルスはネコ汎白血球減少症に感染しているネコとの接触によって発病します。

ネコ汎白血球減少症は「猫パルボウイルス」によって引き起こされる病気です。
ウイルスの病気については、このパルボウイルスというのは非常に環境中での抵抗性が高いウイルスです。

糞便などによって体外から排出されたウイルスは、約半年間ほど感染力を有するほどです。
通常のウイルスは生体から排出された後は急激に失活して、感染力を長期間有することはありません。

通常は経口的にウイルスを摂取することで感染しますが、まれに子宮内感染から起こり、退治の流産・死産・生まれた胎児の小脳形成不全で小脳が侵されると、運動失調を起こしやすかったり失明などが起こります。

kansen.png


※対策・治療方法~伝染性腸炎(ネコ汎白血球減少症)

水分・栄養補給・電解質バランスを保つための点滴や抗生物質による内科治療を行います。
ワクチンを接種することが最大の予防策です。
病気にかかってしまったら、安静と保温を考えて猫が嘔吐を繰り返すときは無理に水や食べ物を与えず安静を保つことが大切です。早期の診断が大事になります。


【参考文献:猫の病気について、他】




『ペットの味方 うんきん’Z』では特典付きの会員登録があります。

詳細はHPへGO!

CATEG278-1.png


ブログを読んでくれている皆様へ

読んだよ!の合図として【ツイート】【いいね!】【拍手】をポチッとしてくれると
これからの励みになります
newimagebaibai6.gifお願いします♪

Dog Life Navi

全国ペットショップ紹介
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://unkinz.blog.fc2.com/tb.php/187-07b42609


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。