スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

猫の中毒について

illust4286_thumb.gif


猫の中毒をおこすおもな植物の症状と原因

植物の中には猫に有毒な成分を持つものがたくさんあります。
有毒な部分は、花・葉・根・種子など、植物の種類によって様々で、
口に入れる可能性の高さによって危険度が違ってきます。
薬草として知られる植物でも、食べ過ぎると中毒を起こす場合があり、
また同一の植物でも違いますと毒性の強さが異なってきます。
何らかの植物中毒を疑ったとしても、原因となっている植物を特定するのは難しいです。猫が植物を食べている現場を飼い主さんが見ていないこと・身の回りにどんな毒性植物があるのか飼い主さんが知らない事が多いからです。

                     image1281.gifimage1282.gif


猫の中毒をおこすおもな植物の治療方法・対策

有毒植物による中毒治療は、催吐・胃洗浄や活性炭などの吸引剤や
下剤の投与のほか、それぞれの症状に応じた治療を行なって行きます。
ただし、粘膜への刺激が強い物質による中毒の場合は、
吐く時に食道・口腔の粘膜を痛めるケースがあるので、催吐には十分注意が必要です。

                 illust2079_thumb.gif

猫の中毒をおこすおもな植物【一例】
・アジサイ(アジサイ科)
・アサツキ(ネギ科)
・オニユリ(ユリ科)
・キキョウ(キキョウ科)
・サツキ(ツツジ科)
・シクラメン(サクラソウ科)
・シャクナゲ(ツツジ科)
・スズラン(スズラン科)
など‥



【参考文献:猫の飼育、他】

犬のイラスト【フリー素材・今日もわんパグ】 わんパグ

ドッグライフナビDog Life Navi

全国ペットショップ紹介全国ペットショップ紹介





ペットの味方うんきん’Zって??

unkinkun+superman 1


そう思ったら…ここをクリック!
お得な情報満載です♪




関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://unkinz.blog.fc2.com/tb.php/191-f49e4f2c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。