スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

みなしごポニーの子守役として大きなテディベアが活躍している件

illust4288_thumb.gif

今日はほんわか( ´ ▽ ` )とした記事の紹介です♪

9ee47bcdb3ee18eeb72c04fadd63be7a-700x350.jpg

先月の24日、イングランド南部に広がるデヴォン州〈ダートムーア国立公園〉で、ひとりふらふらさまよっている生後1週間の「ダートムーア・ヒル・ポニー」の赤ちゃんが保護された。スタッフが懸命に探してみたが、親の姿は見当たらない。保護当時、赤ちゃんはほかの雌ポニーにお乳をもらおうとしていたが、それもかなわず、ショック状態にあり、脱水症状も起こしていた。

雌や子どものポニーを専門に扱う保護施設〈Mare and Foal Sanctuary〉に連れてこられたこの雄の赤ちゃんはブリーズと名付けられた。点滴治療、24時間体制の看病の甲斐あって危機は脱したものの、生後間もない赤ちゃんには甘えられ、寄り添って眠ることこができる母親が必要だ。人間ではどうしてもそこまでの役割は果たせない。そこでブリーズに与えられたのが、身長120センチほどの大きなテディベア。ぬいぐるみのクマは小屋の片隅に置かれ、ブリーズはクマの膝に頭をのせて安心しきった様子で眠っている。

ead41cb687a4949cff94004a67135b1a-710x453.jpg

保護施設の事務局長Syra Bowden氏によれば、これはブリーズに限ったことではなく、この施設で保護する赤ちゃんには皆、ぬいぐるみが与えられるのだとか。「かわいいぬいぐるみに寄り添っていると安心するのは、人間の赤ちゃんと一緒ですよ」とBowden氏は言う。

ブリーズは日に日にたくましくなり、今では駆け足をしたり、跳ね上がろうとしたりするほど元気になったそうだ。

記事:IRORIO(イロリオ)


Dog Life NaviDog Life Navi

全国ペットショップ紹介全国ペットショップ紹介

今日もわんパグわんパグ

迷子捜し 獣医師広報板maigo.gif

飼い主募集 獣医師広報板satooya.gif
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://unkinz.blog.fc2.com/tb.php/200-f338e3a6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。