スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

HAPPY☆MERRY☆CHRISTMAS

12x703.jpg

☆MERRY☆CHRISTMAS☆

コッコレンジャーです。

早いもので、今年もあと1週間。
寒さも、一段と厳しくなってきましたが、
こんなときこそ、ペットと一緒に運動して、
寒い冬を乗り切りましょう\(^o^)/


今回は、寒さゆえに、気を付けなければいけない
ペットの冬の健康管理をご紹介いたします。

◆お肌の乾燥に注意
暖房器具を使い始め、お部屋の空気は乾燥状態。
人間のお肌が乾燥するなら、ペットのお肌も乾燥しやすくなります。
乾燥した肌は、かゆみを引き起こし、ペットにとってはストレスのある状態になってしまいます。
かきむしり過ぎると、炎症を起こしますので、その場合は、獣医師に相談してください。

定期的な空気の入れ替え、加湿器等で、
人間もペットもうるおいのあるお肌を保ちましょう。

◆低温やけどに注意
少しの間のお留守番のときに、ペット用ヒーターや湯たんぽを
ペットのお部屋に設置してお出掛け==3ということも多くなる
師走の忙しい季節。

ペット用ヒーターなど、便利な物がたくさん売られていますよね。
使うときに、ちょっとご注意を!!
ペット用ヒーターを全面に敷いてしまうと、ペットの体が熱くなっても逃げ場がなかったり、
ずっと同じ状態で寝てしまうと、低温やけどになる恐れがあります。

暖かい場所を用意してあげるなら、お部屋の中に、ペットが自分で温度調整をできる場所
作ってあげることが大切です。

快適に冬を乗り切るために、私たち家族ができることがたくさんあります。
自分で暖かい場所を見つけて、毛布の中などにもぐり込める子ばかりではありませんので、
ペットの状態をよく観察して、健康な状態を保てるようにしましょう。

学校が冬休みに入り、お仕事の皆さんも仕事納めまであとわずか。
私たちうんきんZは、年末年始も休まず営業しております。
ご不明点、ご不安な点など、お気軽にお問い合わせくださいね。



関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://unkinz.blog.fc2.com/tb.php/219-c888f462


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。