スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

Animals around the world Part7

イギリスのペット事情

ペットショップのない国イギリス
動物を飼いたいと思ったら、ブリーダーに依頼するか、
ペットシェルター(動物保護施設)から譲り受けます
もちろん、ペットシェルターから譲り受ける場合は厳しい審査が必要です
家族構成・収入・職業・環境をチェックされてから譲渡が決まります

唯一、ペットショップが王室御用達のハロッズの中にあります
行った時は気付かなかったのですが・・・・・face07
イギリスに居住していることや収入・環境などの厳しい審査を受けなければなりません

わんこのしつけがきちんとしていれば、公共の乗り物(電車やバス)にも乗れますbus
ホテルの中には5つ☆ホテルにもわん同伴OKなところもあるのですok3

イギリスでは、犬より猫の飼育率が高いんですよicon12
その次に人気があるのは
ウサギ・鳥・ハムスター・馬・ポニー・爬虫類
爬虫類はここ5年ぐらい人気が高まってるとか・・・・・8onpuorange
くれぐれも脱走のないように飼育して頂きたいものです8onpuorange

もともと日本の動物愛護法はイギリスを手本としているのです

イギリスの動物愛護法

繁殖も法律で定められています(繁殖法)
hosi全ての繁殖業者の地方自治体への登録が義務化
hosi 繁殖・取引の記録保管が義務化
hosi 犬が1歳になるまで交配はしてはならない
hosi犬は生涯6回までしか出産はさせてはならない
hosi一度出産すると、12ヶ月経たないと次の出産はしてはならない

ライセンスを持たない販売業者から転売された仔犬を購入することは禁止されています
ライセンスを持たない販売業者へ仔犬を転売すること、ストリートマーケット等で販売すること
12歳以下の子供に販売することは法律で禁止されています

ペット動物法
starblue仔犬を狭いゲージやショーケースに入れて展示することの禁止
starblue 公共の場でのペット販売を全面的に禁止
starblue青空市場(ストリートマーケット)でのペット販売禁止
starblueペットショップの免許制
starblue 免許を持たない販売業者へ仔犬を転売することの禁止
starblue12歳以下の子供に販売することの禁止

動物への虐待の目も厳しく光らせます
王立動物虐待防止協会
RSPCA(Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals)
この非営利団体はアニマルポリスと呼ばれています
1824年に世界に先駆けて設立された団体で、国内に195の支部を持ち、
アニマル・センターやアニマル・クリニックの運営や募金集め、里親探しなどを行っているほか
専門の訓練を受けた300人以上のインスペクター(捜査官)がいます
 RSPCAでは動物虐待などについての通報も受け付けており
一般市民から通報が寄せられると、それに対しインスペクターが警察官とともに現場へ出動
改善指導を行うこともできます
場合によっては虐待者を裁判にかけるというシステムも整っています

動物愛護管理法の改正の議論が進む中、日本が動物たちに対しての意識が
どれだけ遅れているか、考えるきっかけになればいいなと思いますicon12

参考資料:世界各国ペット事情・イギリスでの犬の扱い
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://unkinz.blog.fc2.com/tb.php/40-6b0ed32c


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。