スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

わんこの冬支度

shockingpinkheart冬に向けた体づくりshockingpinkheart

そろそろ冬支度icon04
寒さに弱いわんちゃんのたねに冬に向けた健康管理を
お勉強します8onpured

寒さに弱い犬種
ブルドッグ
フレンチブルドッグ
パグ
ボストンテリア
シーズー
チワワ
ヨークシャテリア
ミニチュアピンシャーetc

寒さに強いと言われて犬種でも寒がりな子はいますよねicon11
我が家の愛犬もそうですface07
個体差はあるでしょうが、冬用の体になってないことが一つの原因と考えられますbigase
秋から冬にかけて、動物は本能的に寒さに備え脂肪を蓄えようとします
体重管理はとての大切なことですが、肥満ではない子の場合
アメリカでは秋から冬にかけて、ご飯の量を15%増量させるのが一般的なようです
冬用の体を作ってあげるのですね
春から夏にかけて、15%ご飯を減量させ体重のコントロールをはかります

logoicon冬に特に気をつけたい病気logoicon
hosi泌尿器系の病気
気をつけたい子:高齢犬・8歳以上の犬・泌尿器系の病気の経験のある子
お水を飲む量が減る冬に出やすい病気です
予防法:ワンコの好む肉汁(味なし)を少量お水にくわえる
注意:排尿の際にいつもと違う行動(尿の中断など)が見られたら病院へ行きましょう

hosi関節などの疾患
気をつけたい子:高齢犬(小型犬)・太り気味の犬
寒い季節、寝て起きて急にハードな運動は関節を痛めます
予防法:日ごろから適度な運動を心がけ、お散歩前に軽くおもちゃなどで遊んであげるとよいでしょう

hosi心臓・循環器系の疾患
気をつけたい子:高齢犬(小型犬)
心臓・循環器系の疾患の早期発見は難しいものです
注意するポイント
咳・・・・・・・・・・・特に小型犬が急に咳をするようになったら要注意
体重の増減・・・短期間の体重の増減には注意が必要です
ワンコの様子を十分注意してあげましょう

hosi伝染病の疾患
冬はウイルスが活発に動く季節です
気をつけたい子:子犬(若い犬)・予防注射していない子
病気に負けない抵抗力をつけるために、規則正しい生活を心がけてくださいicon12

hosi呼吸器系の疾患
冷たい空気って人間でも咳が出てしまいますよねface07
ワンコも一緒です
気をつけたい子:チワワ・ヘアレスドッグ
予防法:部屋を換気する
     加湿器などを使って部屋の湿度を保ちましょう

昼と夜の室内の温度差に注意しましょう
昼間は飼い主と暖房でぬくぬく8onpuorange
寝る時は冷え切った部屋では寒がりなワンコは病気につながります
湯たんぽを使って寝床を暖めてあげましょうredheart
犬用のヒーターは低温やけどや皮膚炎をおこす子もいるので
注意して使用してあげてください

ペットの味方 うんきん'Z


by:falco500
by:apdk

参考資料:犬の健康管理・冬に気をつけたい犬の病気
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://unkinz.blog.fc2.com/tb.php/45-16a09bc8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。