スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

うさぎさんの冬支度

shockingpinkheartもこもこかわいいうさぎさんshockingpinkheart

うさぎさんのフワフワな毛を見ると寒さに強そうに見えますが
野生のうさぎはともかく、ペットとして飼育されているうさぎは
個体差により寒さに弱い子もいますbigase

仔うさぎや老齢なうさぎ、
病気療養中のうさぎさんには特に注意な季節

うさぎは室温が18℃~26℃ぐらいがベストicon12
湿度も50%切らないよう乾燥にも注意してあげましょう

動物は急激な温度変化に体がストレスを感じて健康を害しやすいものですdawn
うさぎさんも一緒です
夜、室内の暖房器具を切ったら一気に下がりますから
うさぎさんのおうちの防寒対策は必要になります
暖房の効きすぎで暑くなりすぎないようにも注意が必要ですicon23
乾燥した室内はウイルスが活発に動きだす条件を満たしてしまいます
新鮮なお水がいつでも飲めるようにしてあげたり
加湿器がある場合は利用してあげるとよいですね8onpupink

hosiうさぎさんのおうちに防寒対策hosi
ペットヒーターを使うのも一つの手段です
注意
暑くなりすぎたり、同じ場所で寝すぎて低温やけどを起こ
す危険性があります
できれば、暑くなったときに逃げられるスペースを確保して、
直接、うさぎの皮膚にヒーターがあたらないように
ペットヒーターを敷いてあげるとよいですね
ペットヒーターの場合はコードをかじってしまわないよう
カバーで覆うなどしましょう

巣箱の中に藁を敷き詰める
おうちの周りを毛布で覆ってあげたり、直接暖房の風があたらない暖かい場所に
おうちを設置してあげたり工夫をしてあげましょう

すきま風にも注意が必要です
せっかく保温したのにすきま風にさらされて、急激な温度変化で
体調を崩すことも考えられます

昼間、日差しの入る暖かい場所upは夜になると冷え込む場所に変身dawn
一定の温度が保たれる場所か、急激な気温差の起こらない場所に
おうちを設置してあげましょう

starblue冬に気をつけたいうさぎの病気starblue
logoicon低温やけど
こたつやストーブでヌクヌク
人間も気持ち良いですが、低温やけどを起こしたり
空気の乾燥により皮膚の病気や呼吸器系の病気につながるおそれがあります
コードをかじってしまわないよう気をつけてあげてください

logoicon消化管機能低下症
すきま風や急激な温度変化によるストレスで消化機能が低下してしまうことが
あります
食欲不振・下痢・便の量が少なくる・便の大きさが小さくなる
食欲不振が続くと脂肪肝になって、肝臓の働きも弱めてしまいます
温度計をうさぎのおうちに設置してあげると温度管理がしやすいですね

logoiconスナッフル
いわゆる鼻かぜです
進行すると食欲不振・結膜炎・肺炎などを併発する恐れがあります
早めに動物病院へ連れて行ってあげてください

個体差や飼育環境により、違いはあると思いますので
その子にあった冬を乗りきる環境を整えてあげてくださいheart2ren

参考資料:うさぎ飼い方や病気
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://unkinz.blog.fc2.com/tb.php/49-18cb5621


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。