スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

ペットの高齢化のお話

redheartご長寿ペットredheart

医療の向上、ペットフードの質の向上
なにより飼い主の知識の向上により
ご長寿ペットが増えています8onpupink

高齢と言われる年齢はペットの種類により異なりますが
高齢になると
視力・聴力・臭覚の感覚が衰えます

starblue外的変化
被毛が白くなる
筋肉の衰えから足腰が細くなる

starblue日常生活での変化
お散歩を嫌がるようになる
運動を嫌がるようになる
食べる量が減ってくる

気をつけなければならないのは
「歳だから・・・・・」
で片付けてしまうことですdawn
隠れた病気が潜んでいることがあります
定期健診を受けることが一番ですが
高齢といわれる年齢のペットちゃんは
急な食欲低下や元気がなくなったら
まずは、獣医師さんに相談しましょう

starpink環境を整えてあげましょう
今まで平気だった段差が越えられなくなったり
急激な温度変化が体に負担になります
外飼いの犬は室内飼いにしたり
寒暖に合わせた寝床を整えてあげましょう
若いころには耐えられてた温度変化が老化とともに
耐えられなくなり、ストレスとなります

hosi食事にも注意
高齢化とともに消化機能が低下してきますから
食事にも気を配りましょう
大きさや固さなどを考慮し
食べやすく、栄養バランスのとれたご飯を用意してあげましょう

hosi運動は無理のない程度で
身体に適度な刺激を(マッサージ)与え、無理に運動
させず、気分転換になる程度にしましょう

獣医師さんと相談しながらその子にあった
暮らしの環境を整えてあげることが大切ですね
icon12

logoicon認知症logoicon
高齢のペットには大きな環境の変化はよくありませんが
生活に刺激があると認知症の症状は進みにくいと言われます
飼い主とのふれあいが好きなペットにはゆったりとした
スキンシップやブラッシングをしたり
身体や心に軽く刺激を与えてあげることです
気分転換にもなりますよね

logoicon認知症の症状(犬・猫の場合)
異常な食欲
無目的な無駄吠え
飼い主の姿が見えなくなると鳴く
無目的に歩き続ける
不適切な排泄

次回は、介護が必要になった場合のことをお勉強します

参考資料:めざせ!満点飼い主
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://unkinz.blog.fc2.com/tb.php/61-3c0f7866


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。