スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)
ペット

冬に気をつけたい事故 その1

redheartおうちの中はぬくぬくredheart

寒くなってきましたね8onpugreen
おうちの中で、そろそろ暖房器具が活躍する季節icon12
室内で生活するペットたちが事故に合わないよう予め対策が必要になります8onpublue

hosi電気コード
興味津々、好奇心旺盛なチビッコたちには
特に注意が必要ですてのひら
゛ガジガジ゛されないように、ガムテープや専用のコードカバーを
床と壁に這わせておきましょう
感電は命の危険がありますBrokenHeart

万が一、コードをかじっている所を発見したら、まずは
コンセントを抜く
ブレーカーを落とす
電気を切ることです

飼い主まで感電してしまっては大変です
安全な場所にペットを異動させ、
ペットの様子を詳しく観察しましょう

感電してしまったら・・・
ショック状態で失禁してしまっていることもかんがえられます
水は電気を通すので、触らないこと
安全な場所に移して、まずは呼吸と心臓が動いているか確認します

hosiかかりつけの動物病院に電話をして、
すぐに獣医師の指導を仰ぎましょう
hosi

人工呼吸や心臓マッサージが必要な場合は、獣医師の指導のもと行いましょう
→詳しくはコチラ

急いで病院に連れていきます
見た目に異常がなくても、口の中が腫れていたり、
出血している可能性もあります
この時、動物は意識が朦朧とすると低体温になります
毛布でくるみ、周りをカイロで温めてあげながら病院へいそぎましょうdash3
動物がパニックを起こしている場合も考えられます
まずは、落ち着かせることが大切です
優しく声をかけてあげて、落ち着かせましょうicon12

参考資料:ペットの応急処置
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://unkinz.blog.fc2.com/tb.php/67-ba01a262


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。